雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

クマ(熊)に遭遇した時の対処や対応と対策方法とは?

      2017/07/13

クマ

最近はクマに遭遇して襲われる
事件が以前に比べて、
多発していると思いませんか?

よく趣味で登山をする方も
いらっしゃると思いますが、
熊と出会ってしまった時の
対策は、必ず頭に入れておいた方が
良いのです。

あらかじめ、対策グッズを
携帯しておくと、
安心かもしれませんね。

では、熊に遭遇した時の
対処方法はどのように
すればよろしいのでしょうか?

また、クマと出会ったときに
絶対にしてはいけないことも
あります。

あわせて、ご説明しますね。

スポンサーリンク

 

熊と遭遇したら、してはいけない事とは?

熊

まず、熊と出会って、
絶対にしてはいけないことを
ご説明します。

ここで、大事なのは、
絶対ということです。

絶対にしてはいけない事とは、

  1. 死んだフリをする
  2. 背を向けて逃げる
  3. 大声を出したり、叫ぶ
  4. カメラを向けたり、写真を撮ったり、フラッシュをたくこと

ということです。

1、昔から、熊と出会ったら、
死んだフリをすると良いなんか
言われていましたが、
あくまで都市伝説といったところでしょうか?

クマにそんな小細工は通用しません。

大変危険なので、絶対にやめましょう。

2、また、背を向けて逃げてはいけません。

熊のターゲットにされて、
必ず追いかけられます。

3、大声を出すのもダメです。

クマがびっくりして、逆に
興奮して、襲い掛かってきます。

クマは見かけによらず、臆病です。

襲ってくるのはあくまで
自分の身を守るためなのです。

4、カメラ関係は全てNGです。
3と同じですが、クマは恐怖を感じて
襲ってきます。

ということで、まずは
絶対にしてはいけないことを
頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

 

熊と遭遇した時の対処方法とは?

では、今度は対処や対策・対応方法を
ご説明します。

  1. にらみつける
  2. 動物用催涙スプレーを使う
  3. 傘を開く
  4. 木に登る
  5. 鼻のあたりをめがけて攻撃

1、熊と遭遇したときは、
背を向けてはいけないと
書きましたが、
逆に、にらみつけると
有効なことがあります。

にらみつづけると、
クマはそのまま立ち去ってくれる
こともあるようです。

逆に言えば、視線を
そらしてはいけないということですが。

2、動物用催涙スプレーを
常備しておくのも良いでしょう。

例えば、定番アイテムで
こんなものがあります。

OUTBACK(アウトバック) カウンターアソルト

ただ、実際に持っていても
すぐ取り出せる状態に
しておかなければ、意味が無いので、
十分にご注意を!

3、傘を開くのも有効です。

クマもびっくりして逃げることがあります。

ただし、透明な傘は効果がないことも
あります。

黒い傘が有効でしょうね。

4、木に登るのも有効です。

刃物やストックが取り出せれば、
安全性は増すでしょう。

もちろん、木に登れない方は
止めておきましょう。

5、万が一、攻撃せざるを得ない場合は、
クマの急所である鼻あたりを
めがけて攻撃して、対処する方法も
あります。

なお、今ご説明した1と2に関しては、
イノシシと遭遇した場合にも
有効です
ので、あわせて
覚えておくと良いでしょうね。

 

クマと出会わないためには?

クマに注意

クマの出没は避けたい。

できれば、出会わないことが
ベストですよね?

そう思われる方もいらっしゃると
思います。

では、その対策をご説明しましょう。

  1. 鈴やラジオをつける
  2. 朝や夕方の行動を控える

1、最近は鈴は効果が無いという
意見も聞かれます。

また、鈴よりラジオの方が
効果的だとおっしゃる方もいますね。

ケースバイケースでしょうか?

鈴やラジオは、他の登山者に
迷惑がかかることは
頭に入れておいた方が
良いかもしれません。

ただ、対策の一つとして、
あらかじめ持っておいた方が
よろしいかと思います。

2、クマは、朝や夕方に
活発に行動します。

ですので、その時間帯に
こちらは行動するのは
避けたほうが良いでしょう。

特に、クマ出没注意の
標識を見かけたら、
十分に注意する必要が
あるでしょう。

 

まとめ

というわけで、クマと遭遇した場合の
対処や対策方法をご説明しました。

最近は、クマの目撃情報も
増えていますし、最悪、
住宅街の近くに出没なんて
こともあります。

十分に注意したいものです。

スポンサーリンク


 - 雑学 , ,