雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

マスクをつけると、メガネが曇って不便!対策方法は?

      2016/02/22

メガネとマスクをつけている女性

2月から4月にかけて、風邪対策やインフルエンザ
または花粉症対策でマスクを着用する方が
増えますよね?

花粉症対策では、マスクのほかにメガネが有効
なのですが、こうすると、メガネが曇って
困ることがありませんか?

ここではその対策方法をご説明します。

スポンサーリンク

 

マスクをつけると、メガネが曇る理由は何でしょう?

メガネが曇る理由は
温度差水蒸気です。

特に冬はメガネ周辺は寒いのもあって、
冷たくなっています。

しかし、マスクをおおう口や鼻周辺の呼吸、
つまり、吐く息は暖かいですよね?

さらに吐く息はマスクの隙間から漏れて、
温度差により、メガネが曇るというわけです。

 

どのように対策をすれば良いですか?

ということは、マスクの隙間をなくしてしまえば、
メガネを曇らなくなるのでは?

と考えることができますよね?

というわけで非常に簡単な対策をご紹介します。

下の動画をご覧ください。

針金が入っている部分を外側に折るだけの
簡単な対策になっていますよね?

これだけでメガネの曇りをかなり防げます。

 

メガネのくもりを防ぐマスクを使用する

コンビニでも売っていたりするのですが、
メガネのくもりを防ぐマスクがあります。

少しお高いです。

1枚あたり65円とかの商品がありますね。

試してみる価値はあるかもしれません。

スポンサーリンク

 

くもり止めのレンズクリーナーを使う

こちらもお金がかかってしまいますが、
マスクではなく、メガネに対策を施す方法ですね。

眼鏡屋さんでくもり止めのレンズクリーナーを
購入しましょう。

毎日のレンズの手入れと同時に
レンズがくもる対策もできるわけですね。

 

くもり止めレンズのメガネを使用する

ちょっと高価な対策ですが、
もし、メガネを買い替える機会があるのでしたら、
くもり止めのレンズにしたメガネを購入するのも
良いかもしれません。

お店によるのでしょうが、
普通のメガネより5000円くらい
高くなってしまうようです。

年中、マスクを着用するなら、
こちらの方が良さそうですね。

 

まとめ

冬になると、風邪やインフルエンザ、花粉症対策で
マスクを着用する機会が増えますよね?

でも、普段からメガネも着用する方は、
メガネがくもって不便~、なんて思うことも
あるでしょう。

また、花粉症の方は、メガネとマスクの両方が
必須になりますよね?

しかし、対策はいろいろありますので、
実際に試してみて、自分に合うものを
選んでみていただければと思います。

スポンサーリンク


 - 生活 , , ,