雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

昼寝の時間はどのくらいが最適なのでしょうか?

      2016/03/23

昼寝

春になって暖かくなってくると、
眠たくなりませんか?

また、お昼にご飯を食べたあとって
眠たくなりませんか?

仕事をしていると、1時間くらいお昼休みが
あると思います。

もし、眠たくなってきたら、短時間でも
昼寝をしてみたら、いかがでしょうか?

では、短時間の昼寝の効果と方法について
ご説明しましょう。

ちなみに、これは仕事をしている方向きの内容なのですが、
これからテストや受験を控えている学生さんにも
有意義な内容です。

興味があれば、ぜひ、続きをご覧ください。

スポンサーリンク

 

昼寝の効果とは?

まず、昼寝の効果からご説明します。

短時間の昼寝なら、ちゃんと効果がありますよ♪

まず、最大の効果というか目的ですね。

短時間の睡眠によって、眠気が覚めます。

コーヒー等のカフェインを取るだけより、
よほど効果があるということですね。

また、

  • 脳の疲労回復
  • リラックス効果
  • 仕事や勉強の生産性が高まる

というような効果もあります。

脳も身体も回復するので、疲れも多少とれてますので、
シャキッとした効果が現れます。

頑張ってまた仕事しようっていう気になるのではないでしょうか?

 

 昼寝の適切な時間とは?

ズバリ言うと、

15分~30分です。

それだけでも、十分な効果があります。

というか、働いていると、休憩時間はこれくらいが
限度だとは思います。

また、昼寝の目的は、短時間で浅い眠りをすることです!

ということは、長時間で深い眠りの昼寝をしては
いけないのです!

逆に30分を超えると深い眠りに入る為、逆に目覚めが
悪くなるので、注意が必要です。

例外は90分なのですが、
睡眠の1時間半周期(睡眠サイクル)の
レム睡眠(つまり、眠りが浅い状態)の時に
起きるのが良いということですね。

また、昼寝は15時までにしましょう。

その時間を越えると、人間の体内時計が狂ってしまい、
逆効果になる恐れがあるからです。

 

長時間の昼寝はNGなのです!

さて、長時間の昼寝はデメリットが大きくなります。

特に休日の昼寝に注意して頂きたいと思います。

よく聞くのが、昼間寝すぎて、夜寝られないと
いうものですね。

眠いからといって、昼間に長時間寝るのはやめましょう。

まあ、健康に悪いとよく言われますよね?

デメリットについて

1、夜の寝つきが悪くなります。

2、夜の睡眠の質が低下します。

つまり、眠りにくくなるうえに、深い眠りができなくなると言うことですね。

これが癖になると、トータルで睡眠時間が長くなっても
全然寝たりないみたいなこともありえます。

結論!

長時間の昼寝はやめましょう。

ということですね。

スポンサーリンク

 

効果的な昼寝の方法とは?

効果的な方法が2つあります。

これは、誤って長時間の眠りを防ぐ方法にもなります。

机やデスクを使用するので、仕事をしている方以外にも
学生さんや受験生の方にも使える方法です。

では、以下の2つの項目を参考にしてみましょう。

机で居眠り

1、椅子に座ったまま机にうつ伏せになったり、
椅子後部に寄りかかったりなどします。

短時間の浅い眠りをするためには、こういう眠り方の方が
良いのですね。

当然ですが、横になったり、布団に入ると、寝すぎてしまいます。

コーヒー

2、眠る前にコーヒーなどのカフェイン飲料を飲みます。

カフェイン脳を覚醒させる効果があります。

しかし、カフェイン効果って、すぐに出ないんですよね。

20分~30分後に効果が出るのです。

ですので、眠る前に飲んで、起きたら、
ちょうど効果が出始めますよ。

 

まとめ

さて、昼寝の効果や方法について、
ご説明しました。

たった15分~30分の短時間の睡眠も
効果があることがお分かりかと思います。

普段、夜の睡眠時間が足りなくて、
昼間に眠くなる方はぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク


 - 健康, 雑学 ,