雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

2016年の爆弾低気圧とは?原因が気になる!台風との違いとは?

      2016/09/28

傘がさせないネコ

近年、異常気象のせいか、
ゲリラ豪雨の多い日本ですが、
最近では爆弾低気圧なる用語も
あるようです。

ニュース等で聞かれることが
あるのではないでしょうか?

では、爆弾低気圧について
ご説明しましょう。

スポンサーリンク

 

爆弾低気圧とは?

急速に発達した温帯低気圧のことを言います。

マスコミ等では、「爆弾低気圧」と
表現していますが、
気象庁は使用していないですね。

気象庁では、
「急速に発達した低気圧」と
表現されています。

感覚としては熱帯低気圧や台風に
近いのですが、
発生する場所が違います。

熱帯低気圧は、熱帯で
発生することから、
日本より南で発生します。

爆弾低気圧は、日本と同じ緯度か
それより上の地域で
発生しますね。

台風と異なり、
広い範囲で暴風雨が
降ることもあります。

また、発生する時期も
台風と異なります。

日本での爆弾低気圧の発生時期は

  • 10月から1月までの冬の時期
  • 2月から3月の春一番の時期

となっています。

逆に言うと、この時期は、
天気でそういった低気圧が
発生したら、外出には
十分注意する必要がありますね。

スポンサーリンク

 

爆弾低気圧が発生する原因・メカニズムとは?

先生

さて、爆弾低気圧が発生する原因についてです。

原因とは、
温帯低気圧が急速に発達すると、
爆弾低気圧になることがあります。

定義で言うと、
急速に気圧が低くなることを指します。

また、熱帯低気圧は、
急速に発達するのは普通のため、
爆弾低気圧とは呼びません。

まあ、熱帯低気圧が発達すれば、
台風になってしまいますしね。

 

爆弾低気圧と台風の違いは?

爆弾低気圧と台風の違いについてです。

爆弾低気圧も大雨に加え、
暴風が加わると、台風並みの
被害をもたらすことがあります。

ですので、普段生活するうえでは、
一種の台風と捉えても良いかと
思います。

ただし、やはり、違いがありますよね。

違いについては

  • 温帯低気圧が急速に発達⇒爆弾低気圧
  • 熱帯低気圧が急速に発達⇒台風

になります。

ただし、爆弾低気圧の定義で
風の強さは関係ないことだけ
注意しておきましょう。

また、発生時期も異なりますね。

  • 爆弾低気圧⇒冬から春にかけて
  • 台風⇒夏から秋にかけて

ということです。

って、考えると、
年中強烈な雨が降ることがあると
いうことですね。

冬はあまり雨は降りませんが、
気は抜けませんね。

 

まとめ

2012年4月には、台風並みの
爆弾低気圧も発生しています。

低気圧もここまでヒドいと、
交通関連も電車のダイヤが乱れたり、
運転見合わせになったりして、
首都圏なんかは大混乱になりますよね。

また、風が強いと、傘も壊れてしまいますし。

最近はテレビを見ない方も
いらっしゃると思いますが、
そういった場合も、ネットで良いので、
日頃から天気予報はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク


 - 季節