雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

バレンタインにチョコを贈る意味とは?

      2016/04/14


バレンタイン2月14日はバレンタインデー。

男性が女性にチョコを贈るというイベントであります。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインにチョコを贈る意味とは?

さて、このイベント、どういう経緯でこんなイベントが

日本の世間に浸透されたのでしょうか?

そもそも、バレンタインにチョコを贈る意味とは

どういうことでしょうか?

 

  1. 本命の場合。好意を相手に伝える。つまり、告白というやつですね。そりゃ、いきなり告白するより、相手にチョコをプレゼントする方がしやすいですよね。
  2. 友チョコの場合。女性の友人同士でチョコをプレゼントする。女性のコミュニケーションは共感が大事ですからね。親しい子同士でコミュニケーションを円滑にする意味があるのでしょう。
  3. 義理の場合。少し好意があるまたはいつもお世話になっている感謝の気持ちとして、チョコをプレゼントする。
  4. さらにホワイトデーのお返しの見返りを期待して、あえてチョコをプレゼントするってのもあるでしょう。

最近は2個目の友チョコが主流になりつつありますね。

まあ、男性の中では、チョコを貰っても喜ばない人もいることですし、

あげても喜んでくれないのなら、友人に作ってあげて、お互いプレゼントしようって

なるのでしょうか?

筆者の主観がかなり入ってしまい、恐縮ですが。

世間的に義理チョコという風習が衰退しているので、

そういう流れになるのでしょうね。

 

 

外国のバレンタインデーの意味とは?

さて、外国のバレンタインデーとは

もともと外国で恋人たちの愛の誓いの日でした。

恋人に贈り物をするという日ですね。

日本みたいに女性が男性にチョコを贈るという習慣はありません(笑)。

 

というか、

  1. チョコレートを贈る
  2. 男性から女性に一方的に贈る
  3. 女性の愛情表現の機会とする日

な感じで、日本のバレンタインは

本来こういった決まりごとがあります。

 

スポンサーリンク

 

何故「すきな女性にチョコを贈る」のか?

では、何故日本は「好きな男性にチョコを贈る」という習慣が

定着したのでしょうか?

 

企業の戦略というやつです。

金儲けの為に考案されたそうですよ。

って言うと、身もふたも無いですが。

諸説があるため、また、簡単には世間に

普及しなかったので、誰が考案したのか

はっきりしません。

どっかのチョコメーカーやデパートが

普及に努めたと考えておきましょう。

 

この時期、そういった企業の戦略で定着したイベントが

多いですよね。

ホワイトデートか、恵方巻とかね。

 

 

ここで最後に。

せっかくのイベントです。

カップルだったら、ロマンチックな雰囲気を

楽しみましょう。

この時期まではイルミネーションのデートスポットも

ありますので。

 

好きな男性がいる女性は、みんなにあげる振りして、

本命の男性には別のチョコをあげればいいんですよ。

さりげなく好意を伝えるアプローチをして、

次につなげましょう。

 

もらえない男性は、自分だけチョコがもらえなくて

がっかりしないようしましょう。

まあ、筆者も経験がありますがね。

あくまで女性の為のイベントです。

女性はイベント好きですからね。

 

スポンサーリンク

 


 - イベント , ,