雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

4月4日はあんぱんの日。その由来とは?

      2016/03/23

あんぱん

4月4日は「あんぱんの日」なのです。

菓子パンの古くからの定番ですね。

スーパーやコンビニなど、どこのお店でも
売っていて、手軽に買うことが
できますよね?

しかも、古くからある食べ物です。

そんなあんぱんの日について
ご説明しましょう。

スポンサーリンク

 

あんぱんの日とは?

あんぱんの日」は4月4日となっております。

なぜ、4月4日といいますと、

1875年(明治8年)、明治天皇にあんぱんが献上された日なのですね。

あんぱんの日の由来

さて、あんぱんの日の由来を詳しくご説明します。

あんぱんは木村屋(現・木村屋總本店)創業者であり
茨城県出身の元士族・木村安兵衛とその次男の木村英三郎が
親子で考案しました。

そして、1874年(明治7年)に銀座の店で売り出しました。

そこで、侍従として明治天皇に仕える山岡鉄舟が
木村屋の木村安兵衛に「純日本製のパンをお出ししたらどうか」と
話をもちかけました。

そして、花見のため向島の水戸藩下屋敷へ行幸した明治天皇に
山岡鉄舟が木村親子が作り出したあんぱんを献上しました。

それがもとで木村屋のあんぱんは宮内省御用達となったといいます。

スポンサーリンク

 

桜あんぱんとは?

そのときの明治天皇がお召しになったパンが
桜あんぱんでした。

木村親子は、日本を象徴する花で、
季節感を表現できる「桜」に
目を向けました。

そして、奈良の吉野山から八重桜の花びらの塩漬けを
取り寄せ、あんぱんに埋め込んでみたのです。

つまり、パンと甘いあんこと桜の塩漬けを混ぜて
作ったパンなのですね。

現在でも、木村屋では「桜あんぱん」は
人気なのだそうです。

 

銀座の本店に行くのはいかがでしょうか?

そんなパンで有名な木村屋ですが、銀座に銀座木村家という
本店があります。

2階から4階までカフェやレストランになっています。

銀座に行くことがあれば、一度カフェにでも
行ってみるのも良いかもしれません。

また、3階のお店は料理を注文すると、
パン食べ放題だそうです。

これも魅力的ですね。

下記に営業時間やお店へのアクセスを
記載しておきますね。

住所:東京都中央区銀座4-5-7
銀座木村家 1F

営業時間:10:00~21:00
定休日:無休(大晦日・元旦を除く)

アクセス:
JR有楽町駅から徒歩10分
地下鉄 銀座線・日比谷線 銀座駅 A9出口から徒歩0分
地下鉄 有楽町線 銀座一丁目駅から徒歩5分

パン好きで首都圏に住んでいる方なら、
一度は行ってみるのも良いかもしれませんね。

なお、下記に4月から6月までをまとめたページがあります。

他の記念日もご紹介しておりますので、
よろしければ、ご覧ください。

4月から6月までの記念日をまとめてみました

スポンサーリンク


 - 季節 ,