雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

三浦弘行九段がスマホでカンニング!不正で処分?疑惑は事実か?

      2016/10/30

将棋

将棋の三浦弘行九段ソフト使用
スマホ不正)が
最近話題になっていますね。

どういう不正かというと、
対局中に離席して
スマホを使い、実際の局面を
将棋ソフトに読ませて、
次の手を探すカンニング
していたらしいのです。

とはいえ、現段階では
あくまで疑惑です。

しかし、三浦弘行九段は
10月12日付で出場停止処分に
なっています。

では、いったい真相は
どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

三浦弘行九段のスマホ不正の真相とは?

対局

さて、三浦弘行九段のスマホ不正の
発端は7月26日だったそうです。

竜王戦の三浦弘行九段 対 久保利明九段戦
でした。

勝負は三浦弘行九段の勝利で終わりましたが、
その時の久保利明九段は違和感を
感じていたそうです。

今までと違い、離席の回数が
多かったのです。

もちろん、対局中に
トイレに行くとかで
席を離れるのは
ルール上OKなのです。

が、席を離れすぎじゃね?

と、久保利明九段は思ったのでしょうね。

対局後、久保利明九段は
三浦弘行九段の不審な行動が
気になったのでしょう。

知人に依頼して、三浦弘行九段と
コンピュータソフトの指し手の
一致率を調べ、検証したのです。

すると、疑惑は確信に変わったそうです。

三浦弘行九段がもし、
クロと仮定できるなら、
ここでやめておけば良かった
かもしれません。

事態は10月3日に急変しました。

三浦弘行九段 対 渡辺明竜王 戦
でした。

しかも、この対局は
インターネット中継されていて、
一部の棋士たちがソフトを
使って、リアルタイムに
検証していたそうです。

やはり、次の手がソフトと
一致していたそうです。

三浦弘行九段はこの日も
30分に一度は席を離れていた
とのことです。

渡辺明竜王もやはり、
クロだと思ったのでしょう。

渡辺明竜王も内部告発を決めて、
10月10日に極秘会合を
連盟会長や理事と
7人の棋士たちと
行ないました。

結論は99.9%クロという
ことになりました。

その後、三浦弘行九段の
自宅のパソコンは押収されましたが、
スマホの提出は拒否したとの事です。

とはいえ、現段階ではあくまで
疑惑なのですね。

今後、事実は明らかになるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

三浦弘行九段はどうやってカンニングしたのか?

スマホとパソコン

さて、ソフトといっても、
パソコンのソフト「技巧」や
スマホのアプリ「ShogiDroid」があります。

三浦弘行九段は、スマホのアプリではなくて、
パソコンのソフトをスマホで
遠隔操作して、使ったのではないか
と言われています。

スマホのアプリよりもパソコンの
ソフトの方が高性能だからです。

で、スマホのアプリには、パソコンを
遠隔操作できるアプリもあります。

ですので、このような方法で
カンニングしたのでしょう。

あくまで疑惑なのですが。

三浦弘行九段は勝つ為に
ここまでやったのでしょうか?

まあ、プロですからね。

勝ち負けは食べていくには
大事なのでしょうが。

不正をすると、
バレたら、そこで試合終了じゃないですか?

世の中、不正の重大性の認識が
甘い方が多いように思いますね。

だから、不正っぽい事件が
多発しているような気がします。

 

三浦弘行九段について

さて、将棋に詳しくない方は
三浦弘行九段について
ご存じない方も
いらっしゃることでしょう。

ですので、プロフィールも
載せておきますね。

プロフィール

  • 名前:三浦弘行(みうら ひろゆき)
  • 生年月日:1974年2月13日
  • 年齢:42歳
  • 出身地:群馬県高崎市
  • 出身高校:明和県央高等学校
  • プロ入り年月日:1992年10月1日(18歳)
  • 段位:九段
  • 師匠:西村一義

まず、九段についてですが、
よく三浦九段とか書かれますが、
あれって、段位を指すのですが、
名前の後ろに付けるということは
敬称とか会社で言う役職みたいな
ものでしょうね。

そういえば、九段?

何段まであるのでしょうか?

調べてみたら、
九段まででした。

最上級の段位ですね。

さて、三浦弘行さんは、小学校3年の時に
将棋を始められたそうです。

お父さんに将棋を教えられたことが
きっかけで始めたのでした。

父がやっていた、兄がやっていた
とか良くあるきっかけと言えますね。

ちなみに筆者は父が登山が好きだったので、
一緒に泊まりで山登りに行っていました。

それも中学生まででしたけどね。

でも、北岳とか槍ヶ岳とか有名な山を
登りましたよ。

まあ、良い思い出ってやつですね。

さて、三浦弘行さんは1987年に
新進棋士奨励会に入会します。

いわゆる、プロになる為の
養成機関ですね。

この頃、13歳くらいでしょうか?

いやー、三浦弘行さんは
もうこの頃からプロを
目指していたのでしょうか?

いやー、スポーツでも音楽でも
そうですが、子供の頃からというか、
早く始めたもの勝ちですよね?

まあ、プロになる確率は
上がることでしょうね。

とはいえ、将棋の世界は
年齢制限がありますので、
当たり前ですが、
プロになるのも大変でしょう。

 

まとめ

さて、最後にですが、
10月18日に
三浦弘行九段はソフトを
使用していないと
反論文書を弁護士を通して、
報道各社に公表しました。

三浦弘行九段は
あくまでシロだと主張するようですね。
日本将棋連盟の今後の
動きも気になります。

何らかの発表があるかもしれません。

今後の動向の目が離せませんね。

関連記事⇒久保利明九段が遅刻で不戦敗!なぜ?理由や原因が気になる!

スポンサーリンク


 - 有名人, 社会・事件 , ,