雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

名古屋市中区丸の内で火事が発生!火災の場所と原因が気になる!

      2017/01/07

1月6日の午後3時頃、
名古屋市中区丸の内で
火事があったとの
ニュースがありました。

冬は相変わらず
火事が多いですね。

今回はオフィス街で
火事でした。

周囲は騒然としたのでは
ないでしょうか?

気になったので、
調べてみました。

スポンサードリンク

 

名古屋市中区丸の内の火事の事件とは?

まず、事件のあらましです。

6日午後3時25分ごろ、名古屋市中区丸の内の鉄筋コンクリート10階建て集合住宅8階から煙が出ていると119番があった。愛知県警によると、火元の部屋に住む無職、黒川明美さん(78)が病院に運ばれ、一酸化炭素(CO)中毒で死亡。火は約2時間後にほぼ消し止められた。ほかにけが人はいない。

出典:http://www.sankei.com/west/news/170106/wst1701060082-n1.html

今回は一酸化炭素が発生したと
書かれていますね。

ツイッターでも確認してみると、
こんな感じです。

ガスが充満?

一酸化炭素が発生した
ってこと?

ってくらい、付近は
危険な状況だったようです。

どうも、発生した臭いも
すごかったようです。

 

名古屋市の火事の場所はどこ?

火事の場所はどこでしょうか?

地図を見てみましょう。

名古屋駅の近くですね。

オフィス街だけあって、
ビルがものすごく多いですね。

ニュースでは10階建ての
集合住宅としか報道されていないので、
特定まではできませんでした。

スポンサードリンク

 

火災の原因は?なぜ一酸化炭素が発生した?

火事の原因は何だったのでしょうか?

まず、ポイントは一酸化炭素
ということですね。

一酸化炭素が発生する原因の
ひとつとして、
部屋を締め切るというものが
あります。

つまり、部屋を締め切っていると、
酸素が不足し、一酸化炭素が
発生すると言うわけです。

まあ、冬ですから、
部屋は締め切っているのは
想像できますよね。

火事の主な原因は
タバコの火の不始末や
電気ストーブがあります。

毛布や衣類に燃え移ると
いうものですね。

今回の場合は、
被害者の部屋には
荷物が多かったと
書かれています。

別の部屋の住民に
たびたび注意されていたそうです。

ということは、
部屋に相当色々と
物が置かれていたという
ことでしょうか?

ひょっとして、ゴミ屋敷的な?

かもしれませんよね?

まあ、荷物が多くて、
それらに燃え移れば、
大量に物が燃えることに
なりますので、
付近の酸素が不足して、
一酸化炭素が発生して
周囲が危険な状態に
なるのもお分かり頂けると
思います。

まあ、部屋は片付けて、
ストーブの近くに
物は置かないというのが
鉄則になりますね。

 

まとめ

ということで、
火事のニュースでした。

冬は火災が多いので、
皆様も十分にご注意くださいね。

あと基本ですが、換気も大事です。

火災にならなくても、
酸素不足で一酸化炭素が
発生することもあるそうです。

ストーブもそうなのですが、
ガスコンロを使う際も
十分にご注意くださいね。

スポンサードリンク

 - 社会・事件 ,