雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

LedaはBABYMETALの神バンドを脱退していない?バンド経歴とギターは?

      2016/10/20

知る人ぞ知るヴィジュアル系バンド
DELUHIのギターで、
現在、Far East Dizainという
バンドで、ギターを弾いている
Ledaさんが、9月20日の
BABYMETAL(ベビーメタル)の
東京ドームのライブで
ギターを弾いていたのが
判明しましたね。

Ledaさんは現在、
Far East Dizainという
自身のバンドをメインに
活動されている為、
BABYMETALの参加は無いという
うわさがありましたが、
そんなことはなかったですね。

ヴィジュアル系では、
大村孝佳さんと並んで、
超絶のテクニックを持つ、
凄いギタリストなんです。

そんなLedaさんについて、
ご説明しましょう。

スポンサードリンク

 

Ledaの年齢や出身地・音楽遍歴は?

プロフィール

  • 名前:Leda(レダ)
  • 本名:非公開
  • 生年月日:1987年6月9日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:三重県
  • 血液型:非公開
  • 担当楽器:ギター・ベース

音楽遍歴

  • 14歳からギターを始める
  • その頃「19」や「ゆず」を聴いていた
  • XやLUNA SEAを聴き始めてから、メタルを好んで聴くようになる
  • 高校生の頃にCrimson Headを結成。
  • 高校卒業後、MI JAPAN東京校に入学。
  • 2006年、Ledaを中心にGRAVE SEED(グレイヴシード)結成。Yuuto名義。
  • 2007年2月、Galneryus(ガルネリウス)にYU-TO名義でベーシストとして加入し、GRAVE SEEDと平行して約一年半活動する。
  • 2008年、GRAVE SEEDがメンバーチェンジの為、バンド名をDELUHI(デルヒ)に改名
  • 2011年DELUHI解散
  • 2013年、BABYMETALメジャーデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のタイトル曲にギターで参加
  • 2013年、BABYMETALのツアーギタリストとして、大村孝佳藤岡幹大らと共に入れ替わりで参加。

最初、ヴィジュアル系を聴いて、後にメタルにハマる。
よくあるパターンですね。

実は筆者も似たような感じですね。

筆者は年齢的に全盛期のLUNA SEAを
リアルタイムで聴いていましたので、
Ledaさんより年齢がひとまわり上ですが。

でも、当時のヴィジュアル系好きのバンドマンって、
メタルが好きな方も多かったともいますね。

しかし、音楽業界から消えるアーティストが多い中、
頑張って成果を出しているミュージシャンではありますね。

筆者の知人で、V系でメジャーデビューしたはいいが、
すぐ解散。

その後、メンバーは?みたいな人もいましたから。

当時、結構知名度のあるバンドだったんですけどね。

さて、Ledaさんが使用しているギターが
シグネチャーモデルで発売されていますね。

とはいえ、プロミュージシャンですからね。

たくさんギターをお持ちかと思います。

最近は、7弦ギターどころか8弦ギターを
使用していますね。

あと、DELUHIの曲を
本人が弾いてみた的な動画を
ご紹介しましょう。

スポンサードリンク

 

Ledaがメインでやっていたバンド遍歴とは?

まず、比較的有名なバンドですが、
Galneryusでベースを
弾いてらっしゃいました。

このバンドでは、YU-TO名義でした。

なお、2007年から2008年の間に
在籍していました。

なんと、ここではベースを弾いていました。

ですので、現在もレコーディングで
ベースを弾くことがあるのですよ。

しかし、本職がギターですし、
Ledaさん自身のバンドを
メインに活動したかったんでしょう。

Galneryusの在籍は短いものでした。

その後、Ledaさん自身のバンドの
メンバーチェンジにより、バンド名を変更。

一部では、伝説のヴィジュアル系バンド
とされる「DELUHI」がスタートします。

ヴィジュアル系バンドって、
演奏がヘタというレッテルが
貼られていることもあって、
一般的に評価が低かったりするんですが、
それを見事にくつがえしてくれました。

後に、DELUHIのフォロワーのバンドが
続々と出てきたくらいですからね。

とはいえ、この頃はすでに
メタルバンドがライブの動員数を上げるために
ヴィジュアル系をやるバンドも多かったのも
事実です。

ですので、この頃から演奏力の高いバンドが
たくさん出始めましたね。

さて、DELUHIの動画をいくつか
ご紹介しましょう。

 

どちらもシングルの曲です。

比較的、聴きやすい曲を選んでみました。

ジャンル的にメタルなんですけど、
サビがしっかりしているので、
聴きやすいのですね。

Ledaさんのパートは凄いですね。

これを完コピするとなると、
非常に大変そうです。

そして、ライブもご覧になると、
わかりますが、ちゃんと弾いて
いるんですよね?

CDとライブ、全然違うじゃんって
ことはありません。

期待を裏切りません!

公式のライブのプロモーション用の
動画なんですが、
バンド自身の演奏力の高さが
お分かりになるかと思います。

しかし、2008年に始動したDELUHIも
2011年には解散してしまいます。

2012年にはUNDIVIDEというバンドで
活動を再開するのですが、
あくまでLedaさんのソロプロジェクト
だったようです。

公式動画がありましたので、ご覧ください。

もう、ゴリゴリのメタルですね。

ヴィジュアルの欠片すらないです(笑)。

とはいえ、一般的なメタラーには
評価が高かったようです。

この頃は、BABYMETALの活動が
あったり、他のバンドのサポートなども
していましたから、
Ledaさん自身のバンド活動は
ありませんでした。

そして、2015年1月にようやく、
Ledaさんの新しいバンド
Far East Dizain」を
結成します。

「Far East Dizain」というバンドも
ヴィジュアル系メタルバンドという
括りなのですが、
ジェント(Djent)」という
比較的新しいメタルのジャンルに
なります。

どういうジャンルかというと、

  • ギターは7弦ギターか8弦ギターを使用
  • 複雑なリズムとギターリフ

要は、超重低音的なギターで
すげー難しいことをやってる
って感じですね。

まあ、実際に聴いてみたほうが
早いかと思います。

2番目の動画なんて、
イントロでギターがスラップを
弾いていますね。

やってることが良い意味で
めちゃくちゃです(笑)。

とはいえ、Ledaさんも
このバンドはヴィジュアル系バンドと
認識しているようで、
そういった要素はしっかり
残してあります。

アルバムを聴くと分かるのですが、
サビがキャッチーな曲も
ちゃんとあります!

また、ライブDVDのトレーラーの動画も
ありましたので、
本当に上手いのか確認できますね。

まあ、ドラムが元DELUHIの
Sujk(スーク)さんなんで、
安心して聴けるかと思います。

まあ、これを見てしまうと、
実際のライブが気になりますね。

 

実は摩天楼オペラのレコーディングに参加しています!

摩天楼オペラってご存知でしょうか?

こちらもメタル系のV系バンドですね。

ギターのAnziさんが脱退したことが
話題になりました。

その後に、アルバム
「PHOENIX RISING」を
発表したのですが、
当然、メンバーに
ギターがいませんので、
Ledaさんが参加することに
なりました。

以前、ベースの燿さんと
ドラムの悠さんが
Ledaさんとバンドを
組んでいましたので、
それのつながりでしょうね。

公式動画でアルバムが視聴できます。

筆者はこちらのアルバムも
購入したので、少し感想を書きますね。

少し聴くとお分かりかと思いますが、
Ledaさんのギターは
完全にサポートに徹しています。

自分のバンドでは自己主張しまくりですが、
Anziさんを意識したギターパートに
なっています。

また、ギターソロもかなり控えめです。

ですが、Ledaさんのギターが
摩天楼オペラに馴染んでいるのも
凄いことです。

サポートでも仕事はちゃんとするのだなって。

とはいえ、Ledaファンのみなさんはちょっと
物足りないかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし、このまま音楽業界で
生き残ってくれたなら、
いずれ元SIAM SHADEの
DAITAさんと肩を並べるくらいの
ギタリストになりそうな
気がします。

まあ、筆者の個人的な
意見ですが。

それにしても、Ledaさん関係の
動画をご覧になると
お分かりなのですが、
外人さんのコメントが
非常に多いのです。

BABYMETALから流れてきたと
思いますが、
国内だけでなく、全世界で
ファンがいるってことは
凄いことだと思います。

日本の音楽もようやく
世界で認められてきたんだと
つくづく思いますね。

このままLedaさんは
ご自身の信念を貫いて、
音楽活動を続けて欲しいと
思います。

スポンサードリンク

 - ミュージシャン , , , , , , ,