雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

埼玉県の鴻巣で女子高生が紙拾い!感謝状が贈られた湯本里咲とは?

      2017/01/06

埼玉県鴻巣署は1月4日に
道に散乱していた古紙を
一人で回収した湯本里咲さんに
感謝状を贈るという
ニュースが入ってきました。

警察署が感謝状を贈るという
事例ってあまり聞きませんよね?

ひょっとしてニュースに
なってないだけかもしれません。

でも、絶対的な件数も
多くはないと思います。

というわけで、
こんなニュースを知ったときには
子供であっても、世の中
まだまだ素晴らしい子が
いるものだって
思わせてくれるような事件ですね。

ということで、
考察してみました。

スポンサードリンク

 

鴻巣市で女子高生が紙拾いをしたニュースとは?

内容はこのようになっています。

自転車で通学している湯本さんは昨年12月21日夕方、鴻巣市屈巣の県道を通りがかった際、新聞紙や折り込みチラシが半径約3メートルにかけて大量に散乱しているのを目の当たりにした。一度はそのまま通り過ぎたものの、「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来た。

当初は古紙を自転車の前かごに積んで自宅に持ち帰ろうとしたが、収まり切れない。約500メートル離れたコンビニエンスストアへ行き、ごみ袋を買って戻り、再び拾い集めた。現場は交通量の激しい通り。湯本さんは青信号になるたびにひたすら拾い続けた。

出典:http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/01/06/09.html

湯本里咲さんが拾った拾った
古紙の量は、ゴミ袋3袋分で
10kgあったと言われています。

これって、相当な量ですよね?

これが散乱していたとなると、
これを全て拾い上げる作業を
一人で行なうのは相当なものです。

誰か手助けしてあげる人は
いなかったのでしょうか?

ちなみに拾い上げた古紙の場所は
特定できませんが、
だいたいの場所はわかりますね。

鴻巣高校と湯本里咲さんの
ご自宅である行田市のあいだって
所でしょうか?

それにしても、
湯本里咲さんはこの距離を
自転車で通われているのが
非常に驚きなんですが。

運動部に入っていると、
このくらい、楽勝なの
でしょうか?

うらやましいものです。

同じ埼玉県民の筆者でも
車を使ってばっかですから。

新聞紙等の古紙はなぜ散乱?原因とは?

湯本里咲さんが通りかかったときに、
新聞紙やチラシが散乱していたとの
ことなんですが、
この新聞紙はどうして
散乱していたのでしょうか?

誰かが捨てた?

回収用に紐でしばって
外に置いといた新聞紙の
紐がほどけて、風で
飛んでいって散乱しまった
のも考えられますね。

あとは、廃品回収用の
トラックの荷台から
落ちたとか?

筆者もさすがに
大量の古紙が道路に
散乱している光景は
見たことありませんが、
やっぱり、異常な光景と
いえるでしょう。

まあ、見つけたら、
近所の人が拾って回収する
のが常識なのでしょうけど。

とはいえ、残念ながら、
見て見ぬふりをする人は
多いと思いますけどね。

そんななか、
誰もやりたがらないような
この場合、近所の人が
やるべきだろうという事を
湯本里咲さんは率先して
実行したのですから、
まだ高校生でありながら、
立派と言えますね。

えらい!

って、言いたくなってしまいますね。

スポンサードリンク

 

古紙を拾い集めた湯本里咲さんとは?

さて、古紙を拾い集めた
湯本里咲さんが気になる方も
いらっしゃのではないでしょうか?

写真を見ると、かわいらしい
まあ、よくある今風の
女子高生ってかんじでしょうかね?

プロフィール的にはこんな感じですね。

  • 名前:湯本里咲
  • 在住地:埼玉県行田市
  • 高校:埼玉県立鴻巣高等学校
  • 所属の部活:バスケットボール部

実は湯本里咲で検索すると、

湯本里咲さんは出身中学が
行田市立埼玉中学
陸上部というのがわかります。

ただ、本人と言う確証は
ありませんが、
たぶんご本人でしょう。

とりあえず、なんか、
部活でも大活躍してそうな
イメージですね。

高校ではバスケ部に所属している湯本さん。学校周辺のごみ拾いなど美化活動をしてから朝の練習に取り組んでおり、「学校でもやっているので当たり前と思って拾いました」と振り返った。

美化活動が当たり前の湯本里咲さん。

すごいですよね。

筆者が子供の頃は、
美化活動の意味や意義が
理解できませんでしたから、
もうこういったことは
いやいや行なうやらされ作業
でしたね。

この年でそういった考えの持てる
湯本里咲さんは素晴らしいなって
思えるほどです。

 

ネットの声は?

ネットの声はどうなっているのでしょうか?

見てみましょう。

もう、賞賛の嵐にみたいに
なっていますね。

持ち帰り方法を考えていた矢先に署員が到着。安心した湯本さんの目からは涙が流れた。

なんて書かれていますが、
読んでるこっちが
涙ものだよ
みたいな感じですよね。

大人は何やってんだよ?

みたいな感じがしますね。

まとめ

という、ある意味、
涙がでてくるお話の
ニュースでした。

こんなニュースを見ると、
こんな素晴らしい子に
なったのは、ご両親の育て方や
生活環境もあるのでしょう。

子供にとっては、
大人は見本ですからね。

我々大人は
子供にとって
良い見本で
ありたいものです。

スポンサードリンク

 - 社会・事件 ,