雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

カラスは真っ白のタイヘイとオチザファンクが映画「何者」に出演!

      2016/08/31

ギターボーカルとして菅田将暉さんが出演する映画「何者」ですが、
なんと、バックバンドのメンバーが
あの「カラスは真っ白」というバンドなのです。

何?そのヘンテコなバンド名?

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

では、そんな「カラスは真っ白」という
バンドについてご説明しましょう。

スポンサードリンク

 

どうして、「カラスは真っ白」ってバンド名になった?

なんか、妙にインパクトのあるバンド名
「カラスは真っ白」って、
どういう由来で決められたのでしょうか?

実はボーカルのヤギヌマ カナさんの鶴の一声で
決まったそうです。

さすが、個性的な女性ボーカルがいるバンドは
違いますね。

きっと感性が独特なのでしょうね。

ちなみに当初のバンド名は、「しましまパンダ」という
バンド名をつけようとしたみたいですよ。

ってか、まともなバンド名をつける気がなかったみたいですね…。

 

カラスは真っ白ってどんなバンド?

カラスは真っ白ってどんなジャンルの音楽をやっているのでしょうか?

 

 

公式MVをご覧になると分かりますが、
ファンキーな音楽にポップなメロディが
のっかっている感じですね。

ボーカルのヤギヌマ カナさんの声も
非常にキュートです。

一言でいうと、
かわいいファンクミュージックってやつですね。

普通のファンクミュージックよりは
非常に聴きやすいのではないでしょうか?

おそらく、J-Popメインで聴いている方は
入りやすいと思います。

また、ギターとベースがファンキーなことをしているため
(ベースがスラップの曲もありますし、
ベースのオチ・ザ・ファンクさんもお上手ですね)、
テクニカルな感じがしますね。

というか、ファンクって、演奏力が高くないと、
あの独特なグルーヴ感って、なかなか出ないんですよね。

ということで、楽器隊の演奏力はなかなかのものだと
思いますよ。

しかし、このポップな曲たちはほぼ
ヤギヌマ カナさんが作詞・作曲しているとのことです。

で、楽器隊がアレンジして、
聴きやすいけど、マニアックみたいな感じになっている
みたいですね。

スポンサードリンク

 

個性的なヤギヌマカナさんとは?

バンド名を鶴の一声で決めたり、
独特のファッションだったり、
ブログを固有名詞以外全て平仮名で書いたりと
なかなかの個性を放つ女性です。

しかし、ボーカルの女性って、自己主張が強い傾向が
ありますよね?

筆者もバンドをやっていましたから分かりますけど、
女性ボーカルって、自己主張が強かったり、癖があったりして、
実は扱いが大変なんです。

でも、ボーカルは、バンドで言う顔の部分。

アイドルで言う、センターですからね。

個性がないと、他のメンバーに埋もれちゃいますもんね?

これだけ注目を浴びるようになったのも
ヤギヌマ カナさんの存在も大きいと思います。

しかし、メンバーが出演・参加する映画「何者」には
関わってないみたいなんです。

なんか残念ですね…。

 

ギターのシミズ コウヘイさんとは?

映画「何者」では、出演はしていませんが、
レコーディングとギター指導として、参加しています。

声優の竹達彩奈さんの楽曲提供・ギターサポートも
しています。

 

シミズ コウヘイさんの曲を聴くと
やっぱり、ファンクな感じですね。

それにしても、声優の曲なのに、ギターの音がでかい。

作曲者シミズ コウヘイさんの主張が出ているようです…。

 

ベースのオチ・ザ・ファンクさんとは?

本名は越智俊介。

カラスは真っ白の色々な曲を聴いていると、
ベースはスラップばっかりですね。

曲中にベースソロもあったり、バンドの中では、
かなり自己主張が見受けられます。

まあ、ファンクといえば、ベースが前面に出ますからね。

バンドでベースをやっているバンドマンは必見です!

ちなみに映画「何者」では、
菅田将暉さんが映画の中で組んでいるバンド「OVER MUSIC」で
ベースを担当していますので、映画を見れば、
実際にベースを弾いている姿を見ることができそうですね。

 

ドラムのタイヘイさんとは?

ドラムのタイヘイさんも映画「何者」で
菅田将暉さんが組んでいるバンド「OVER MUSIC」で
ドラムを担当されています。

また、ベースのオチ・ザ・ファンクさん同様、
ジャズバンド「North Pandemic Groove」に
参加しています。

 

カラスは真っ白ではグルーヴ重視で
あまりテクニカルな印象はなかったのですが、
「North Pandemic Groove」では本領発揮してますね。

すげえって印象です。

やっぱり、こういうバンドをしている人達って
お上手なので、歌モノ系のバンドでも
安心して聴けますね。

ジャズもお得意なタイヘイさんは、映画の中の
「OVER MUSIC」というバンドで、
どんなドラムを叩くのでしょうかね。

こちらも気になるところです。

 

まとめ

徐々に知名度が上がっている「カラスは真っ白」ですが、
今度上映される映画「何者」でさらに有名に
なりそうですね。

今後の活動に期待したいところです。

ちなみに映画「何者」の公開日は2016年10月15日(土)です。

こちらも要チェックですね。

スポンサードリンク

 - バンド