雑学のススメ‐豆知識総合情報サイト-

日々の生活に役立てるような情報をお届けします!

2016年 春分の日っていつ?どういう意味なの?

      2016/01/31

293877

2016年の春分の日は
3月20日(日)となります。

実は、この春分の日ですが、
毎年同じ日では無いのです。

意外に知らない方も多いのではないでしょうか?

では、春分の日の疑問点をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

 

春分の日とは?

ご存知、日本の国民の祝日です。
1948年にできました。
法律(祝日法)では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」
ことを趣旨としています。

自然をたたえ??
どういう経緯でこうなったのでしょうか(笑)?

さて、日付については3月20日頃になります。

と書かれている通り、
毎年同じ日にはなりません。
ある計算式によって定められています。

よく言われるのが、昼と夜の時間が同じになると言われるのですが、

実は同じではありません!

日本の場合、平均して昼の方が14分長いそうですよ。

 

春分の日はどうやって決められるの?

毎年、2月に翌年の春分の日が公表されます。

なので、法律でも日にちは定められていません。

実は天文観測による天文計算に基づいて決められます。

それを決定するための超複雑な計算式があります。

それを使うと、2099年までは19日20日
21日22日
どれかになるとのことです。

19日や22日はレアみたいで、
19日については、2092年まで
ないみたいですね。
メディアで騒がれるのでしょうかね?

スポンサードリンク

 

春分の日ってどうして同じ日ではないの?

定気法というもので春分が決められます。

専門的なお話になるので、太陽が春分点を通過した
瞬間と覚えて頂けたらと思います。

また、春分の世界での瞬間の日時と日本の日時に誤差が
あり、日本では9時間後になるようですね。

さらにうるう年と同じ原理が働きます。

つまり、地球が太陽を一周するのに、
365日と6時間かかるのですが、
毎年ズレていきますので、20日だったのが21日になって
しまうのですね。

ただし、うるう年の年にリセットされます。
ということは、2016年である今年に
リセットされ、20日になるようですね。

 

まとめ

以上、春分の日でした。

参考までに

2017年(平成29年)は3月20日(月)、

2018年(平成30年)は3月21日(火)

の予定です。

計算式で出された日ですので、
正式の日は官報での公表までお待ちください。

 

春分の日は、お彼岸の時期ですよね。
いろいろお忙しい時期だと思います。

しっかりスケジュールを立てて、
上手く行動していきましょうね。

スポンサードリンク

 - 季節 ,